読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷え性を改善することを意識した食生活

冷え性の改善といえば「鉄分」ですが

その理由としては血液を作ることで、血液の「量」を増やし

血流を促すことで、体を温めることになるためです。

 

「生理」によって、血液が排出されることで

血流が悪化することが、冷え性の大きな要因でもあります。

 

また鉄分に加え、「葉酸」に関しても

血液を作る材料となるものであり

この鉄分・葉酸に「亜鉛」を加えたものは

妊活のための三大栄養素として、広く知られています。

 

鉄分に関しては「レバー」を代表として

肉類に豊富に含まれており、1日3食しっかり摂取していれば

極端に不足することはありませんが

葉酸は、含まれている食材が非常に少なく

「セロリ」「いちご」といった、それほど大量に食べないものに

豊富に含まれている栄養素になります。

 

そのため様々なメーカーが販売している「妊活サプリ」は

葉酸を含んだものが主流になります。

 

さらに、「筋肉」が少ないことも

女性が冷え性に陥りやすい原因であり

筋トレによって筋肉を増大させるための

たんぱく質」も意識して摂取していきたい栄養素になります。

 

「不足なく・バランスよく食べる」という

非常にありきたりなものになりますが

女性を中心に、実践できている人は

非常に少ないことが現実です。

 

「赤ちゃんのために」と考え、しっかり実践していきましょう。

女性不妊克服のためにはまずは冷え性の改善が重要

冷え性」が、なぜ女性の体に悪影響を与えるかというと

「血流」を悪化させてしまうことが、一番の問題です。

 

この血流の悪化は

・ホルモン分泌への悪影響

・子宮の状態への悪影響

 

様々なデメリットをもたらす要素であり

「女性の体調不良の根元」とも考えられる要素になります。

 

妊活にとって(健康にとっても)「冷え性の改善」は

何より重要な項目であり、そのための働きかけを

優先して考えていく必要があります。

 

そもそも、冷え性を招く要因として

女性は男性に比べて、筋肉の量が少なく

体を温めるための「代謝」機能が弱い事が挙げられます。

 

更に、食事量が少ないことで

血液自体が少なく、流れが滞りがちです。

 

そして、何より「生理」があることによって

定期的に「貧血状態」に陥りやすい傾向があります。

 

また「冷え性自体」が、ホルモンバランスを乱す

1つの要因になりますが、そのホルモンバランスも

「不規則な生活」「睡眠不足」によって乱れるものであり

最終的には「自律神経」のバランスを乱し

体を冷えさせてしまうことにつながっています。

 

自立神経は、体の調子を整える・乱す大元であり

冷え性を含め、体の調子を整えるためには

自立神経のバランスを整えることを意識しましょう。

 

まずは、とにかく冷え性の改善ですが

体の不調を回復させるためには

やはり「食生活」から改善していくことが大切です。

女性不妊を克服するためのアプローチを考える

このブログでは、女性不妊の最も大きな要因として

考えられるものは「女性ホルモン」としています。

 

しかし、一口に女性ホルモンといっても

その働きや、その機能にどのようなトラブルが

起きているのかによって、改善策が変わってきます。

 

女性ホルモンの分泌が、乱れていることによって

排卵」「生理」のサイクルが乱れてしまう「生理不順」は

スムーズは「タイミング法」の妨げに違いなく

そういったことだけでも、女性不妊の1つとも考えられます。

 

こういった「比較的軽い」と考えられるもの以外の

排卵の際に「卵子」が含まれていない

「無排卵月経」と呼ばれる、思い症状に関しても

全ての鍵を握っている要素は、女性ホルモンになります。

 

この女性ホルモンが乱れてしまう要因は

様々なものが考えられ、改善策と同時に

原因を解消することが、何より大切なことでもあります。

 

しかしながら、全くわからない・心当たりがない

といったことも考えられ、そういった場合に

「とりあえず間違いない」改善策として

「冷え」の解消を挙げることが出来ます。