読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこの段階に問題があるのか?を考える

不妊を克服しよう、と考える際には

果たして、自分たちの「どの段階」にトラブルを抱えているのか

その解決のためには、どの要素にアプローチするのかを

考えていくことが必要になります。

 

妊娠というのは、非常に多くの段階・要素を経て

叶うものであり、どれか1つにトラブルを抱えていることで

その「確率」というが、下がってしまうことになります。

 

まずは、卵子精子を作ることから始まりますが

昨日つくったものが、すぐに現れるものではなく

「それ以前」から考えることが大切になります。

 

そして、「タイミング法」という要素には

基礎体温」や、精子卵子の、その時のコンディションが

更に、受精するかどうか、ということが大きな一歩です。

 

そして、受精したからといって、妊娠できるわけではありません。

 

その後に「着床」して「安定」することが必要です。

 

特に「原因不明の不妊」の場合には、受精をしているのに関わらず

着床することができないケースも、実際には多いようです。