読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原因不明」の不妊も

このブログでは、不妊の克服のためには

まず最初に「原因」を突き止めることが重要としていますが

中には「原因が分からない」不妊も存在します。

 

原因不明と考えられる不妊は、全体の5%程度であり

男性側、女性側の各要素のどこにも問題がないにも関わらず

「なぜが、うまくいかない」ことが続きます。

 

また「受精」はしているはずなのに着床をしない

「着床障害」と呼ばれる場合でも、子宮に問題がないことも多く

「女性不妊」としてではなく

原因不明の不妊の1つとしても考えられます。

 

また「そもそも受精しない」というケースが多く

精子の量は十分、またちゃんと運動しているのに・・・

卵子に関しても、特に問題は見当たらないのに・・・

といった、はがゆい状態が続いてしまいます。

 

いわゆる「相性」の問題であるとも考えられますが

カップルにとっては、受け入れ難いものになり

そういったものを、どういった手段で克服していくのかが

最も難しい課題となる不妊の症状になります。